FC2ブログ
 
プロフィール
 

closeme

Author:closeme
若き日のプロ活動の後、大いなる遠回りを経て、ろうそくの最後の輝きねらい的暴挙にでた初老のミュージシャン。 ライブサポートやアコースティックユニット(IKECLO),意固地なロックバンド(t.i.s.h.)などで残り時間と体力の限界に挑戦している。座右の銘は、「思い立ったら吉日」、「立って弾けるのも今のうち」、「壮にして学べば老いて益々盛ん」など、たいしたことはない。(^^;)V

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
 
 
カテゴリ
FC2カウンター
 
現在の閲覧者数:
 
FC2カウンター
 
 
 
 

○ックス

 
2012/08/06(Mon) Category : 未分類
「○ックス」というタイトルを見て
さっそくうりゃうりゃしているのは、
宮本君としょーちゃん(わたしの大学の同級生)くらいかなと思いますが、
そのほかにもいらっしゃったかもしれません。

そこで、ためしに○に「サ行」を当てはめてみると、

①「<サ>ックス」:
TommyGが新しい<サ>ックスを買いました。

②「<シ>ックス」:
6月9日はロックの日というだけでなく、「69」(<シ>ックスナ*ン)の日
でもありましたが、特にこれといったうりゃうりゃはありませんでした。

③「<ス>ックス」:
思いっきり奥歯をかみしめたまま、「<セ>ック*がしたい。」
(ためしに言ってみると発音が「スックス」になる。)っていうひとは、
相当切羽詰っているのでおそらく宮本君です。

④「<セ>ック*」:
奥歯をかみ締めないで「<セ>ック*がしたい。」って言う人は
おそらく宮本君です。

⑤「<ソ>ックス」:
女子体操個人総合決勝の床運動で<ソ>ックスをはいて演技をする選手がいましたが
「わかってないな。(--;)」と思いました。

などが考えられます。

以上のことからもわかるように、
TommyGが新しいサックスを買いました。
それでLIVEをやるので行って来ました。

その夜、女子体操個人総合決勝をTVで見ました。

ええと・・・、


今日は以上です。 (^。   ^)



20120806エアジンのTommyG
↑ 関内「エアジン」でのTommyGと新しいセ・・・・、

m(--;)m

サックス。




20120806エアジンのポスター
↑ 「エアジン」に貼ってある怪しげなミュージシャンのポスター。
おおお!
アヴァンギャルドだ。
セミヌードっちゃあ、セミヌードな・・・。


今日のデモはインストで、
"Still I'm confused"を。(urlはコメント先頭をご覧ください。


スポンサーサイト



 
コメントアイコン Comment5  |  Trackback0
 
 

♪PEOPLE HAZE

 
2011/03/07(Mon) Category : 未分類
突然ありがたいお話をいただき、
某TV番組のテーマ曲を書かないかということで
挑戦しましたがボツりました。(^^;)

サウンドのご要望の方向はわかっていたんですけど
我が家にはシーケンサーソフト(DAWモノ)が無く、
(実は古いのがあるにはあるけど使えない。)(苦笑)

それでアナログでいつものように録音したら
期待以上にロックになって、

(途中から半ば確信犯でした。
シーケンサ無しで作ると他にあまりやりようがなかったもんで。)

やっぱり「番組のイメージが変わっちゃうんで。」
ということになりました。

残念・・・。
せっかくチャンスをいただいたのにすみません。
また声かけてください。

さてそれで、

ここはやっぱり、ついにコンピュータで作る音楽に
挑戦しようって気持ちになったもんです。

知人のミュージシャンに尋ねたらよさそうなのがあって
ネットで調べてみました。
いけそうです!!

ふふふ!

もうすぐ買います。

ただし買うとそれだけで安心する癖があるので
要注意です。

そんなわけで、表題の曲は
「TV番組タイトルになりそこねた記念」の作品です。

30秒。
サイズ(曲の時間)だけはピッタシだったなぁ・・・。(^0^)V




展覧会会場の高い窓
↑ 「心の彩」会場。ひろびろ。
LIVE、できないもんだろうか、と・・・。



展覧会会場風景
↑ こんなかんじでゆったり。
これならドラムも置けるんじゃないかと。(笑)




展覧会の水仙の絵
↑ ママちゃんの「水仙」の絵。この絵が出てきたいきさつは
ほんとうに不思議。 
こうして展示されて、ママちゃんもよろこんでくれたかな?^^





観覧車
↑ この観覧車を見ながらタバコを吸うんです。
寒いけどきれいでした。(^^)



 
コメントアイコン Comment7  |  Trackback0
 
 

♪with my father

 
2010/08/30(Mon) Category : 未分類
女系の親族の話はここでもよく出ますが
そういえば父のことはあまり・・・。

と、以前にも思ったことがありました。
それでそのころに作った曲を再録音しました。

ある日のこと、わたしは小学校1,2年生
くらいだったでしょうか?
近所を父と歩いていると雨が降り始めました。

父がぜんぜんかまわずに雨の中を普通に歩いていくので、
「雨が降ったら傘をさすのよ。」と
教育されていた良い子(当時)のわたしは、
「お父ちゃん、どうして傘、ささんの?(ささないの?)」
と訪ねたら、
「わしゃあ、海軍じゃったからなぁ。」
との朗らかに男らしい答えがかえってきたのでした。

単に傘さすのがめんどうだったんでしょうね。(笑)

わたしも多少の雨では傘はさしません。
それで同行のひとに、
「あれ?傘ないんですか?」とかきかれます。
そんなときは、
「父が海軍だったもんでね・・・。」と
答えています。
単に傘さすのがめんどうなんです。

あれからほぼ半世紀。
雨の日は、父の気持ちがわかります。(笑)




♪with my father


夕日に赤く塗りこめられて
次のウイスキー
飲み干した

風に吹かれながら
今宵はやろう
遠い遠い日の
あなたをまねて

with my father
with my father
like my father
drink with my father...



語り合うには早すぎた
急ぎ足の人生
選んで逝った

風に吹かれながら
語りかける
遠い遠い日を
思い起こしながら

with my father
with my father
like my father
drink with my father...


妻と家族のことは
きっと気に入ると思う
笑顔でうなづく
姿がにじんで見えた

風に吹かれながら
もう少しやろう
遠い遠い日の
あなたをまねて

with my father
with my father
like my father
drink with my father...

with my father
with my father
like my father
drink with my father...






words & music by closeme 2010



urlはコメントの最初に載せてあります。


 
コメントアイコン Comment7  |  Trackback0
 
 

Twitterへの抵抗

 
2010/04/05(Mon) Category : 未分類
Twitterの勢いがたいしたもんだそうで、
yoshikiも始めたようで、
「t.i.s.h.の宣伝のためにも始めたら?」
というようなことも言われたりして、

ううう・・・。

おっくうなんですよねぇ・・・。
特に、とっかかりが。(><;)

新しいものを拒絶するって言うのは
オッサンのオッサンらしさの特徴のひとつです。

そういう意味ではぼくは少年の頃からオッサンだったぞと。
新しいもの、流行のものを「まずいったん拒絶する」っていう傾向にあったぞと。

たとえば高校時代、みんなが受験勉強に必死になっているときに
(受験勉強が流行(笑))油絵を始めたりというような。

ええと・・・、まあ、あれは、単なる逃避でしたが、
な、なにしろ、すでにオッサン暦ウン十年のベテランオッサンなもんです。


小学生の頃に、ジェファーソンエアプレインというバンドの
「あなただけを」っていうかっくいいサイケデリックな曲がヒットしてました。
そのサビ部分、
" Don't you want somebody to love.
Don't you need somebody to love...."っていう歌詞なんですが、ぼくには、

「ドンチュ オッサン・バレるやあ、
ドンチュ ニイサン・バレるやあ・・・」
って聞こえて、そう歌ってました。

Twitterへの抵抗感を考えながら、
「そうだよなぁ。こういうところでオッサンがバレるんだよなぁ・・・。」
って思って・・・。


週末、おしいいウオッカを手に入れました。
桜も咲いたし。
んなもんで、demoが録音できませんでした。 (^。  ^;)



スミノフ
↑ 普通に「スミノフ」。でも、50度!! 輝くウオッカ! (^0^)♪











 
コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
 
 

心霊写真事件

 
2009/01/30(Fri) Category : 未分類
ひとりで夜中にブログを見てくれているかたもいらっしゃると思うのでアレですが・・・。

先日少しだけ書いた「心霊写真事件」についてお話しましょう。
おおお・・・!
腕の毛の本数がまた・・・。(--;)

横浜での公演、おかげさまで楽しく無事終了して。
みんなジャガースの衣装も着ていることですし、コスプレ大好きメンバーでもありますし、
関係者の方が、「せっかくだから記念写真撮りましょう!」と、バンド集合。
「できるだけ当時のGSブロマイド風なポーズでね!」などと、みんなでわいわい言いながら・・・。

で、デジカメですからね。
すぐにその場で確認できるわけなんですけど、
そうしたら誰かが、「あれ? これ、だ、誰?」と・・・。

ステージを背にして山Pのドラムの向かって右手あたりに集まって写真を撮っていたんですが、
その右後ろの搬入搬出用の扉の隙間になにやら「顔」のようなものが・・・。
どうやらヒゲをはやしている男性のようで(ま、ヒゲはだいたい男性ですけど)、丁度ぼくたちと同じ青っぽいミリタリー(軍服)を着ているような・・・・。

最初はみんな「あはは、ほんとだ。顔みたいだよねぇ!」などと笑っていましたが、
だんだんとじんわりと怖さが染みてきて・・・。
打ち上げ会場でも出演者は関係者がみんなその写真を見て、
「おおおおぉぉぉぉ・・・・・!」と。

サイドギターの某ヨッシー氏。
彼は心霊写真的なものが良く写る体質らしいんですね。
以前に彼が仕事で行ったというハワイの写真にも、
あの・・・、白い、丸い・・・、
なんていうんでしたっけ?
マープ?(あ、そりゃ和田アキ子や!)
ワープ?(あ、そりゃヤマトや!)
マーボー?(あ、そりゃフォーリーブスや!)
・・・・。
ええと、
マーブ?・・・でしたっけ?(この前教えてもらったのに・・・。)

なにしろそれがたくさん写っていました。
で、今回も写真にたくさんそのマーボー豆腐が、(あ、そりゃ二次会の中華料理の店の写真や!)  ・・・。m(--)m
マーブね? 
そのマーブが何枚にも写っていましてね。

おおお!

なんだったんでしょうね?
っていうか、

あ、あるんですねぇ・・・、本当に・・。
その手の話には極めて懐疑的なぼくも、今回ばかりは・・・。

おおお!

でも、その霊のひともきっとGSとかが好きで、あんまり楽しそうだから一緒にまざりたかったんじゃないかなぁ、という結論に達しています。
悪いことするようなかんじじゃないよね、と。

まずはその霊の安らかなご冥福をお祈りしながら、「心霊写真事件」ご報告でありました。

にぎわい座の心霊写真
↑ ほ、ほら・・・。おおお・・・! 
「こりゃコンキューの衣装についていたんだ。だから、コンキューがなんとかするように。」という話で決着しています。(笑)



 
コメントアイコン Comment5  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード