FC2ブログ
 
プロフィール
 

closeme

Author:closeme
若き日のプロ活動の後、大いなる遠回りを経て、ろうそくの最後の輝きねらい的暴挙にでた初老のミュージシャン。 ライブサポートやアコースティックユニット(IKECLO),意固地なロックバンド(t.i.s.h.)などで残り時間と体力の限界に挑戦している。座右の銘は、「思い立ったら吉日」、「立って弾けるのも今のうち」、「壮にして学べば老いて益々盛ん」など、たいしたことはない。(^^;)V

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
 
 
カテゴリ
FC2カウンター
 
現在の閲覧者数:
 
FC2カウンター
 
 
 
 

♪with my father

 
2010/08/30(Mon) Category : 未分類
女系の親族の話はここでもよく出ますが
そういえば父のことはあまり・・・。

と、以前にも思ったことがありました。
それでそのころに作った曲を再録音しました。

ある日のこと、わたしは小学校1,2年生
くらいだったでしょうか?
近所を父と歩いていると雨が降り始めました。

父がぜんぜんかまわずに雨の中を普通に歩いていくので、
「雨が降ったら傘をさすのよ。」と
教育されていた良い子(当時)のわたしは、
「お父ちゃん、どうして傘、ささんの?(ささないの?)」
と訪ねたら、
「わしゃあ、海軍じゃったからなぁ。」
との朗らかに男らしい答えがかえってきたのでした。

単に傘さすのがめんどうだったんでしょうね。(笑)

わたしも多少の雨では傘はさしません。
それで同行のひとに、
「あれ?傘ないんですか?」とかきかれます。
そんなときは、
「父が海軍だったもんでね・・・。」と
答えています。
単に傘さすのがめんどうなんです。

あれからほぼ半世紀。
雨の日は、父の気持ちがわかります。(笑)




♪with my father


夕日に赤く塗りこめられて
次のウイスキー
飲み干した

風に吹かれながら
今宵はやろう
遠い遠い日の
あなたをまねて

with my father
with my father
like my father
drink with my father...



語り合うには早すぎた
急ぎ足の人生
選んで逝った

風に吹かれながら
語りかける
遠い遠い日を
思い起こしながら

with my father
with my father
like my father
drink with my father...


妻と家族のことは
きっと気に入ると思う
笑顔でうなづく
姿がにじんで見えた

風に吹かれながら
もう少しやろう
遠い遠い日の
あなたをまねて

with my father
with my father
like my father
drink with my father...

with my father
with my father
like my father
drink with my father...






words & music by closeme 2010



urlはコメントの最初に載せてあります。


スポンサーサイト



 
コメントアイコン Comment7  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード